高齢の人が罹りやすい

パソコンと聴診器

背骨は、椎骨という小さい骨が積み木のように積み重なって出来ています。その椎骨は椎体と椎弓に分かれており、その間に空間があります。この空間を脊柱管といい、頭の方からつながる大事な神経が通っています。 腰部脊柱管狭窄症はその脊柱管が何らかの原因で狭くなったりして神経を圧迫することによって様々な症状が現れます。 腰部脊柱管狭窄症の主な症状としては、足がしびれたり何もない所で躓きやすくなったりします。また、少し歩いたり動くと疲労感がありますが休むことで回復するという腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状が出ることもあります。 腰部脊柱管狭窄症と診断されたら日常生活において重い物を持たない、激しい運動をしないなど無理をしないような生活を心がける必要があります。

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の中を通っている神経を囲む脊柱管という管が何かの原因によって狭窄してしまう疾患です。 多くは加齢にともなう脊髄変性が原因となりますが、まれに脊椎椎間板ヘルニアや骨粗しょう症などの疾患によっても引き起こされる場合があります。 腰部脊柱管狭窄症主な症状は歩行中に認められる足のしびれや痛みです。これらは歩行時に現れますが歩行を止めると回復するのが特徴で、間欠性跛行と呼ばれます。また、症状がひどい場合は排尿障害や強い下肢の麻痺も現れます。また、間欠性跛行は腰部脊柱管狭窄症以外にも下肢動脈硬化でも認めるため、検査を用いて判別する必要があります。 この病気の治療法は、症状が軽い場合には温熱療法やコルセット療法、運動療法などで症状の経過を観察していきますが、症状が酷い場合には狭窄部分を除去するための外科手術を用いる場合もあります。