高齢者のために

並べた医療器具

高齢の人が癌治療のために、胸を開いたりお腹を切ったりする手術は体力を消耗することになるために、好ましいことではないのです。内視鏡を使った手術のように切らない方法が、最近の高齢化で考案されています。 癌の治療で、切らないでおこなう方法のひとつにガンマナイフという方法があります。金属の球を癌の近くに送りこみ、その球が癌で病んでいると思われる箇所に重なった時に癌をやっつける光線を照射することで、他の健康な細胞をなるべく傷つけることなく、癌細胞だけを治療することができる方法がガンマナイフです。 ガンマナイフで切らないで癌の治療をすることができます。このガンマナイフという方法を定期的におこなうことで、簡単に癌を小さくすることができます。

癌の治療に使用される方法としてガンマナイフがあります。設備自体が非常に高価な医療器具のために、癌の治療の専門病院や大きな総合病院等で使用されています。 ガンマナイフという方法は、体内に金属の玉を入れて、癌細胞に来たときに、光線を照射して癌細胞だけをやっつけるといった手法です。そのために他の細胞に対する影響も少ないというメリットがあります。 数回照射することで癌細胞を小さく、または破壊することができます。ガンマナイフは薬の治療と違って副作用も少なく効果的な治療法になっています。ただ定期的に再発の検査をする必要があり、また大きくなった場合にはガンマナイフでの治療が必要になります。退院した後も定期的に通院して再発を防止します。